Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

発表会終了!そして・・・                 

藤野でやっているダンスクラス「星のたね

第3回発表会が無事、終わりました!!!

 

今年もその過程から、本番から、本番終了後に至るまで、

本当に本当にたくさんの学びと経験がありました。

 

感謝しかありません。

 

初舞台のプレクラスの子どもたちは

溢れるエネルギーと踊りたい気持ちを堂々と舞台で昇華していました。

 

続けてくれている小学生クラスの子どもたちは

本当にものすごく逞しくなりました。

成長の分だけ、私が要求することも今までより厳しくなったので、

今までとは違う緊張もあったのだろうな。

でも舞台に向かう集中力もぐんっとあがっていて、

真剣な顔つきになっているその感じにも、

また一つの成長過程を感じました。

 

そして、高尾の中高生チーム

忙しくなって、なかなか一緒に活動できることも少なくなってしまったけど、

今年もまた一緒に踊ってくれました!

彼女たちが子どもたちに伝えてくれていることがとてもたくさんあります。

 

彼女たちが小学生たちに伝えてくれ、

小学生たちがプレクラスの子たちに伝えてくれ、

・・・・・そうやって育っているものが確実にある。

そのことも大いに感じさせてくれた発表会でした。

 

 

そして、保護者ご家族の方々・・・

なんでこんなに根本の部分をわかってくださるのだろう・・・

それが有難くてたまりません。

これが当たり前ではないことはとてもよくわかっています。

だからこそ、こうしてこの地に縁を頂き、

このような場をもつことが出来ることは

奇跡のような、有難いことなのだと改めて感じています。

保護者の方々から、学ばせてもらっていることも本当にたくさんあります。

子どもとの関わり方、また、自分の子どもだけでなく、

ほかの子どもたちのことも、あたたかく、どの子も認めてくださる

そのまなざしに、私もたくさん助けられています。

 

本当にみんなが創っている場なんだな〜と改めて感じさせて頂きました。

 

そして衣装の田村香織さん、音響・打楽器の高橋香衣さん、

いつも本当にありがとうございます。

 

そして、たくさんのお客様

本当にありがとうございます。

終演後のみんなでの踊りにもたくさんの方が参加してくださり、

とても嬉しかったです!

素敵な踊りの場が生まれました!

 

 

このクラスに関わってくださるすべてすべてに

本当に感謝いたします。

 

これからも豊かなものが育まれる、豊かな場でありたいと思います。

 

(当日の様子などはまた後日「ひとつぶの種・星のたね」で

報告したいと思います。)

 

 

 

 

さて、私の部屋は今、昨日の葉っぱや枝や、布がそのままで

ちっとも片付いていませんが、とりあえず今はそれは気にしないことにして、

今週土曜日はソロです!

 

 

7月7日 (七夕!)

午後7:30開演(開場は30分前)

カフェムリウイ

2500円(1ドリンク込み)

 

 

詳細はこちら。

ぜひ。

 

 

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
今週末は「星のたね」発表会!                 

突然ですが葉っぱが好きです。

枝も好きです。

大きな公園で風で飛ばされた葉っぱつきの枝とかを見ると

あああ、ほしい〜と密かに思っています。

さすがに拾いませんが。

 

今日は風が強かったですね。

うちの近くの散歩道にも葉っぱがたくさん落ちていました。

 

そう、今日は拾いました!

今週末の「星のたね」発表会で葉っぱたち、登場します!

 

わああ〜いい葉っぱ〜!

とか思いながらワクワク葉っぱを拾う、30代・・・

楽しいです!

 

そんな大人と子どもたちが踊る舞台は

7/1(日)相模湖交流センターです!

詳細はこちら→ひとつぶの種・星のたね

 

子どもたちの舞台は自分の舞台以上にドキドキします。

本番はじまってしまえば子どもたちは絶対に堂々とやり切ると思うので、

心配してないのですが、その前までがとってもドキドキします。

とにかくみんなが元気に本番を迎えられますように!

 

 

 

そして、7/7(土)はソロ公演

こちらもなんとか、やることはやりました。

 

まずは今週は発表会に向けて!

そして、終わったらソロ公演の最終調整をがんばります。

 

どちらもぜひ!足をお運びいただけると嬉しいです。

 

ソロ公演の詳細は→こちら。

 ※カフェムリウイイベントページは→こちら。

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
ソロ公演                 

 

青柳ひづるソロダンス  万象連歌vol.4「あいにゆく」

〜あなたのむこうへ あいにゆく〜

 

2018年7月7日(土) 開演19:30(開場は30分前)

会場 カフェムリウイ (祖師谷大蔵駅北口より徒歩7分)

料金 2,500円(1ドリンク込み)

 

 

 

********************************************

 

 

2つあったものの1つの姿が見えなくなった、7月

姿の見えなくなったもののために踊った、3月

消えたものからの始まりを受け入れた、4月

そして再びの、7月

 

あなたにあいにゆく、と思っていた

けれどどうやらそうではないらしい

あなたのむこうと、わたしのむこうが

豊かに出会うこと、出会い続けてゆくことを願って

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
ソロ、やります。                 

ソロをやることになりました。

 

・・・やるんだなぁ・・・

いや、自分で決めたことなのですけどね・・・

 

私はいろいろなことにと〜っても時間がかかるので、

今までやってきたソロ公演はいつも3年に1度のペース

(3年に1度!と決めていたわけでは全然なかったのですが、

気付いたらいつもそうでした。)

 

特に昨年10月にやらせて頂いたソロ公演は自分の中では

とてもとても大きなことだったので、

もうこれでしばらくは単独ソロはやらないだろう(できないだろう)

と思っていました。

 

そして、今年3月

ささやかながらも私にとってはとてもとても大事な場で

20分くらいの小さなソロを踊らせて頂きました。

 

自分の中ではこの2つが本当に大きなことだったので、

これで一区切りだな、と思っていました。

 

 

・・・はずだったのですけど、

その3月の踊りの場が終わってみると、

うわああ、なんだかこれはむしろ踊るなぁ・・・

踊りが始まったなぁ・・・と感じてしまいました。

 

でも、私の〈意識〉の方は

えええ、でもなぁ、本当かなぁ・・・昨年ソロやったし・・・

とかとか・・・どこかで逃れようとする自分・・・と、

いやでも、この踊りの流れに逆らうのか・・・と葛藤する自分

 

よし!じゃあ会場が空いていなかったらそれはやらないってことだ!

・・・と、ここでもどこか逃げ場を想定しつつ、

やるならここで、と思っていた場所に問い合わせ

 

7月7日が空いてますけど、どうですか?

 

・・・その日程はまさにやるならこの日だな、

と一番初めにふわりと浮かんでいた日程でした。

もう、それで肚くくりました。

これはやるってことだな・・・

やっぱり踊りには逆らえない。

 

やらせて頂きます!

 

と即答しました。もうここまで来たら、決めてしまって、

逃げ道をなくしてしまった方が私は先に進める。

 

昨年のソロよりは準備期間は全然ないのですが、

でも、昨年のソロの時よりも、ある意味、物事が、なぜだか動いてゆく。

(でもそれは昨年のソロが踊りに逆らっていたわけではなく、

昨年のソロを踊るにはそれだけの相反する力というのか、

そういうものが絶対必要だったのだと思っている。)

 

創作していても、「なにか」に教えてもらっているというか、

導かれているというか、そういう感じがとてもある。

 

・・・・・なんていっても、やっぱり小心者の私の〈意識〉では

本当にできるのかな・・・という気持ちもとってもあります。

 

その約1週間前、7/1(日)は子どもたちの発表会

それをやりきって、そして自分の公演。

こんな状況は初めてですが・・・

 

でも、やります!

 

あれこれいっていますが、

〈わたし〉は本当は踊りたいのだから。

 

 

やることはいろいろありますが、

やれることから一つずつ、一つずつ

 

 

※「星のたね」発表会の詳細はこちら→ひとつぶの種・星のたね

 

 

 

*************************************************

 

青柳ひづるソロダンス  万象連歌Vol.4〜あいにゆく〜

 日時:  7月7日(土)19:30開演 (開場は30分前)

 料金:  2500円(ドリンク込み)

 会場:  カフェムリウイ

 

※カフェムリウイのイベントページは→こちら。

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
東京キモノショーステージ終了しました。                 

伝ふプロジェクトさんに声をかけて頂き、

ゲスト出演させて頂きました「東京キモノショー」でのステージ、

無事、終了いたしました。

 

伝ふプロジェクトさんによるレポートは→こちら。

(当日の写真などたくさん載っています。)

 

 

 

「東京キモノショー」は着物にまつわる

ショー、出店、展示、お茶会・・・など様々な催しが行われる中、

伝ふプロジェクトは『所作』を軸にショーを行いました。

その中で私は踊り担当の一人ということで、踊らせて頂きました。

所作と日本舞踊、しかもずらりと黒留袖の中で

私のお役目としては異色であること、だったと思います。

その役割を自覚しながら、

でもそれはここのところの自分自身の踊り、では踊れないな・・・

では・・・どうするのか?・・・どうあるのか?・・・

というところで、最後まで、いろいろと探り続け、

また(あくまで自分自身の問題として)いろいろと葛藤する日々でした。

 

でもそれもまたよい経験であり、

またそういうときも、耳を澄ませていれば、なにかしらヒントをくれる

出来事や人がいてくれるのだな、とも思いました。

最終的にはいろいろとだいぶ吹っ切れて踊れました。

有難いことです。

 

 

お越しくださった方々、関わってくださった方々、

「伝ふプロジェクト」のみなさま、

ありがとうございました。

 

 

会場の様子。

着物ショーなので、お客様も老若男女問わず着物の方がほとんど。

 

洋服を着ていることが違和感に感じられるような空間の中で、

様々な着物を、様々な着こなしでそれぞれ楽しんでいらっしゃるのを見ていると

やはり、着物いいなぁ。

着物をさらっと自分で着られたらいいなぁ、と思えてきます。

 

母がお茶をやっていたので、母は着付けができるし、

母からのおさがりの着物を持っているのですが、

今は箪笥の肥やし状態。

母に着付けを習ってみようかと思ったこともありますが、

習うのが親だといろいろ・・・どうもダメですね。お互いに。

 

一番簡単な着付けくらいは覚えて、

こういう時にさらりと着物を自分で着られたらいいな〜と

感じた一日でした。

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
<< : 2/103 : >>