Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

日曜教室舞台発表                 

昨年に引き続き、杉並区の知的障害のある方々の

日曜教室の舞台発表に関わらせて頂きました。

 

このような場にアシスタントのような形から

関わらせて頂くようになり、いつしか自分でもリーダーとして

やるようになり・・・だからこそというか、

またアシスタントという立場をすると、

アシスタントという立場だからこそ出来ることや気付くこともあって、

今でも機会や縁があるところで、

アシスタントやお手伝いをさせて頂いています。

 

とはいっても、純粋に楽しいのでやらせてもらっているのですが。

 

昨年はどちらかというと、ある一人の参加者さんと

じっくりと関わらせて頂きました。

少しずつ少しずつ彼と調子を合わせていくというのか、

彼との間のなにかを調律していくというか、・・・

そうして、本番、初めて一緒に踊ったのですが、

それまでの時間も含めて、そのすべての時間が

私にとってはかけがえのない時間になりました。

 

今年はまた昨年とは違うところでやらせて頂き、

全体とのかかわりの中で違う発見がたくさんありました。

 

こういう場に立つと

どういう風にそこに立つのかというか、

自分の在り方が本当に問われるなぁ、といつも思います。

 

人を見ていると、なぜかその人が入るとバラバラのようだった場が

ふっとひとつの踊りの場になったりすることがあったりする。

バラバラなのだけど、なにかひとつの踊りの場がそこで生まれていたりする。

それってなんなんだろうな〜と思って、いろいろ見ているのだけれど、

・・・相変わらずわかるようなわからないような・・・

やっぱりわからないな〜と思いながら、でもだからこそ、

なんだかんだ続けているのかもしれない。

 

また今年も関わらせて頂いたご縁に感謝。

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>