Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

放課後デイで音種♪                 

昨日は私がお仕事をさせて頂いている

都内の放課後等デイサービスで音種♪でした!

 

2年前にも音種♪をお願いし、今回で2回目。

一応、私が施設と音種♪のつなぎ役、ということで、

少しの不安と、たくさんの楽しみで、

ワクワクドキドキこの日を迎えました。

 

でも、とっても心強いメンバーで、

ああ、大丈夫、どんな状況になっても、どうにでもなる、と確信。

実際、一応の打ち合わせした演目、曲順などはあったけれど、

現場の感じを受け取って、その場に合うものを見極めて、演奏し、

(打ち合わせで決めた曲はほとんどやってないそうな。笑。)

でも、だからこそ、全部で一つの流れのあるような、

そんなイキイキとした場が生まれました。

本当に有難い・・・

 

今回の音種♪メンバーは

うたうたい山口愛ちゃん、

尺八・篠笛の渡辺淳さん、

ピアノの須藤さん、

歌のナツメグ舞さん、ギター宮本さん、

音種♪代表でパーカッションの成松さん、

 

そして!実は仕事仲間にクラリネット奏者がいて、

もうこれは是非やってもらおう!と私が密かに企てて(笑)、

3日前に無茶ぶり。

1曲特別参加してもらいました!!!

 

 

じっくり聴く時間あり、

一緒になって歌ったり、踊ったりの時間あり、

楽器に触れてみる時間あり。

いつも会っている利用者さんたちが、

ああこんなに歌うんだ〜、こんな風に踊るんだ〜、

こんな表情もするんだな〜、というのが見れたのも嬉しかったし、

利用者さん、スタッフさん、ボランティアさん、そして音種♪メンバーが

みんなで共にその場を作り、楽しんでくれたのが、なによりも嬉しかった!

 

好きな場所と好きな人たちが

よろこびで繋がるのは本当に嬉しいことです。

 

そしてつなぎ役としては本当にほっとしました・・・。

 

場を共にしたみなさま、本当にありがとうございました!!!

 

(子どもたちが、会場の飾りやメッセージカードを作ってくれました!

ありがとう〜。)

 

 

それにしても、こういう場でやると(こういう場でなくてもだけど)

音楽の、踊りの、本質的なことってなんだ?ということに

改めて向き合わされる。

音種♪の後、クラリネット奏者の仕事仲間と話していて、

彼らは、表面的なところでなく、本質的なところで

なにかを感じ取るよね・・・と。

それは今回のような音楽等をしている時だけではなく、

普段接している時も、ある。

しかし、本質的なことって・・・・・・・

難しいな・・・でも本当はとてもシンプルなことなのかもしれないけど・・・

でも、シンプルなことは・・・考えてしまうと・・・なんて難しいんだろう・・・

 

 

: 音種♪ : comments(0) : - : posted by ひづる :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>