Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

室野井洋子さんのこと                 

ようやく少しだけ言葉にできそうです。

 

月に1度のワークショップに通うようになったのはいつからだったか・・・

多分、出会いは2009年あたりだっただろうか・・・

初めのころはそんなに頻繁には通っていなかった。

でも、この場の貴重さと私にとっての必要さに気づいてからは、

よほどのことがない限り、このために時間をあけて通った。

ここには、ここにしかない、場と時間と学びと人、があった。

毎回毎回違う場があり、私の知らない世界に出会えた。

 

だから、これからもそんな場に出会い続けられるものだと思っていた。

学びたいことがもっともっとあった。

踊りのことも、もっとお話ししてみたかった。

 

室野井さんの踊りは本当に幽玄で美しかった。

私は室野井さんの踊りが大好きでした。

東京で踊られる機会は近年では少なくなっていたけれど、

ワークショップで動く(踊る)、その姿でさえも

魅入ってしまうほど、美しかった。

 

でも、ある時、二人でお稽古した時に踊られた踊りで

ふと出現した、なんとも愛らしい、

冬に咲くちいさな花のような姿も忘れられない。

あんなに可愛らしい雰囲気をまとっている室野井さんをはじめて見た。

小さな秘密を垣間見たような気がしました。

 

もっともっと室野井さんの踊りが見たかった。

まだまだ学ぶ気満々でいました。

でも、ふわっと託していってしまいました。

 

 

先日、子どもたちのクラスのことを友人と話しているときに

私が意識として感じていた以上に、私は室野井さんから頂いてきていることが

こんなにもあったんだ!!!と気づいた。

私は室野井さんからギフトをもらっていた!と友人に話している自分に驚いた。

そして、そのことを子どもたちにもつなげようとしていた・・・。

そうだったんだな・・・。

 

もう、室野井さんに、受け取っています、つなげます、と

伝える手段は、私には踊りを続ける以外にはなにもない。

 

でも、それこそが託されたことなのだろう。

踊ってください。踊り続けてください。

と私は言われている。

こんなギフトをもらっては、「はい」というしかない。

 

 

私はワークショップを通した、

踊りを通した、室野井さんしか知らない。

それが私と室野井さんの関係だったし、それでよいのだと思う。

踊りのこと、踊りへの向かう姿勢、

本当にたくさん伝えてくださっていたのだと思う。

そして、まだ私が気づいていないこともたくさんあるのだろう。

踊って踊って踊り続けて、

少しずつ気づいていけたらいいな、と思う。

 

 

出会えて本当によかった。

ありがとうございました。

 

はい。

踊っていきます。

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>