Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

舞踊とは、ダンスとは、                 

踊るとはなにか、舞うとはなにか、ダンスとはなにか、

或いは振付とは、作品とは、舞台に立つとは、・・・・・・・

踊るものなら必ず考えるだろうし、通る道だろうと思う。

私も考えたし、まぁ、今も考えるけど、

でも考察する・・・というような考える・・・とは

なんだかずいぶんと感じが違ってきた気はする。

それがいいのかわるいのかはわからないけれど、

今はあまり踊りとはなにか、等について

考察はしなくなった、気がする。

いつからか、それは、どちらかというと、やること、になった気がする。

まぁ、習作展という修行と、津々浦々という修行によるもの、は

少なからずあるとは思うのだけど。

 

先日のシアターXでの公演に

長い付き合いの友人が観に来てくれた。

彼女はずいぶんと私の出る公演を色々観てくれている。

ダンサーではないのだけれど、とても踊りが好きでいてくれて、

そして、ダンサーではないけれど、とてもとても深く

そしてとても素直に舞台を、踊りを感じてくれる、

本当に有難い人の一人。

その彼女と舞台の後で話したときに、

「ここにはさ、踊りの本質がある気がする。

じゃあ踊りの本質ってなにか、って言われたら

なにって言えないのだけど・・・・・・・。」と。

それはとても嬉しい言葉だった。・・・そう・・・

ムービングアースはダンスカンパニーではあるけれど、

ダンサー集団ではない。

踊りの経歴も年齢幅も、踊りに対するもの、も本当に違う。

その違いは様々なものをうむ。

本当に本当にほんと〜うに・・・・・・・様々なものをうむ。

それでも・・・踊りの本質みたいなものがある気がする・・・。

でも、じゃあ踊りの本質ってなに?といわれるとわからないのだ。

全然わからない。答えられない。

彼女が言ってくれた、本当にその通り。

だからといって、ここでやっている踊りこそが、踊りの本質、本質の踊りなの?

と言われると・・・・・う〜ん、それは・・・・・となり、・・・

それでも・・・踊りの本質みたいなものがある気がする・・・となり、

結局は、・・・なんなんだろうな、なんなんだろうな、・・・

・・・とあるようなないようなものを追っている。

 

さて、そして先日、振付とはなにか、を問われる機会があった。

私も振付を頂いたり、振付したり、ということをしてきているけれど、

それは規制でも、ルールでも、決められたことでも、

ない気がするのだけどなぁ・・・

と、いうのが現時点の私の実感だった。

ある種の規制でもあり、ある種のルールでもあり、

ある種の決められた(与えられた)ことではある・・・

ともいえる・・・のだけれど、・・・う〜ん、なにか違うのだよなぁ・・・

やっている身としては、そういう感じじゃないのだよなぁ・・・

でも、私が振付したり、されたり、の範囲は

今は、ものすご〜く限られたところだからなぁ・・・

だいぶ偏ってはいるだろうな、とは思いつつも。

 

でも、ふとそんなことを改めて見つめる機会を与えてもらえるのは

有難いことだ。

自分だけの範囲ではわからないから。

 

 

さて、「・・・」だらけの考察(考察してないけど。)はこの辺にして

子どもたちの作品の振付しよう!!!

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
スポンサーサイト                 
: - : - : - : posted by スポンサードリンク :
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>