Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

あれから。                 

万象連歌の写真を送って頂きました。



photo  by 手塚愛子さん↓


















そして、udje()の仲間で
写真家の淺川敏さん。(blogに少し載せて下さっています。)


ありがとうございました!!!!!



震災からもう2カ月以上。


万象連歌からもう1か月以上。


今回の万象連歌は、
カタチになるのに約3カ月、
構想約1年〜半年、
いろいろな準備期間、伏線、を考えると
約4年くらいかかっていて、
その果てに
ようやく生まれたものであり、


そして震災を経て、
いま、やっぱり、やらなければ、
という思いの中で
カタチになったものなので


vol.1にしたものの、
このあとこれから
次にまた
やるものが
出てくるのかしら・・・・・・・・
まぁでもそれだけのものが
やってこなければこないで
無理やりやるつもりはないけど・・・・・・・



なんて思ってたら


やってきましたね〜・・・・・・・・
案外はやく。


連歌のように。
あれから・・・・・・・・



あぁ。


次はこれなのか、と。



なぜか


ひかれていく、もの。。。



いつ、どこで、だれと、どんなカタチで
できるかな。






もしかしたら、



おもい







す〜っととけていく頃、



かもしれない。

: 万象連歌 : comments(0) : - : posted by ひづる :
ソメイヨシノに捧ぐ                 

急に春らしくなってきました。


川沿いの桜の下をぷらぷらと歩きました。


澄み渡る空の下、


枝先のさくらの房がふるふるふるえていて、


鈴の音が鳴っているようでした。


連日、すぐ傍らでささやくように歌われていた唄が


私の口からもこぼれおちてきました。


ずっとずっと唄いながら歩きました。


こんな風に訪れる春の日もあるのだなぁ、と。





万象連歌をやるにあたって、
その創作過程では
表にはでなくても
多くのものが思い浮かんできました。
要素、みたいなものです。
織物における
一本の織糸のように。



その一つに
「ソメイヨシノ」があります。


品種改良で生まれたソメイヨシノの寿命は約60〜70年なのだそうです。
そのソメイヨシノは特に戦後急激に増えたそうです。
ということは・・・・・・・・・ですね・・・・・・・・・。


ただ、ごくまれに、奇跡的に
そのソメイヨシノの倒木から新しい芽が出てることがあるそうです。
そしてその芽はソメイヨシノではなく、
品種改良される前の元のもの、
・・・・・・ヤマザクラとかヒガンザクラとか・・・・・・
なのだそうです。



なんだか・・・・・まるで・・・・・・・



せめて、
その芽生えはじめた新しい芽が
しっかりと大地に根付き、
いつの日か、
花が咲くように・・・・・・・・

: 万象連歌 : comments(0) : - : posted by ひづる :
朔、月立ちの日に。                 

昨日は、このような不安定な状況の中
「万象連歌VOL.1」に
お越しいただきまして、本当にありがとうございました。


本当に本当に
ありがとうございました。


そして、お手伝い頂いた方、
協力してくださった方々、
応援してくださった方々、
本当にありがとうございました。




そしてここと出会えたからこその作品でした。
「いずるば」(出ずる場)・・・・・・という素敵な場所でやらせて頂けたことに
心より感謝いたします。




まだ、

どうにも言葉になりきれませんが・・・・・・・




終えてみて一番感じていることは


本当にたくさんのこと・・・・・・・・


・・・・・・・・人とか場所とか時とか廻り合わせとか偶然とか・・・・・・・


のおかげでやれたのだ、ということです。




なんというか、

自分たちで創ったのに

自分たちで創ったような気がしません。

いい意味で。




その中の一人として引き受けるもの・・・・・・・を思ってみると

まだまだ・・・・・・もっときめ細やかな密度と深さが必要だった・・・・・・・・と

感じてもいますが




それでも、この公演が出来たことは

いろいろな意味で私たちにとっては意味深く、

みなさまに

この場と時に立ち合って頂けたこと、

本当に有難く思います。





やっと、やっと、始められたばかりです。



もしかしたら大変なのはこれから、なのかもしれません。

でもまずこの、<はじまりのうた>を

紡ぐことができて本当によかったです。





さて、始まったばかりというのに

相方の山田有浩はしばらくどっか行ってしまうし、

私は・・・・・夏までは、はっきりとした予定がありません。

いろいろな状況も相変わらず、です。



これもまた、必要な時期なのでしょう。





立ち止まったり、

歩いたり、

立ち止まったり、

走ったり、

立ち止まったり、

スキップしたり、

立ち止まったり、

また歩いたり、

しながら





そしてまた、

<とき>がきた時、

第二章を、

新たなうたを、

紡ぎたいと思っています。






それから、

東日本大震災に対する義援金にもご協力いただきまして

ありがとうございました。

¥11,525

になりました。

こちらは責任をもって

日本赤十字社に送らせて頂きます。




: 万象連歌 : comments(0) : - : posted by ひづる :
万象連歌にむけて                 
いよいよ、一週間をきりました。



「万象連歌」は



実はずっとずっとあたためてきたことでした。



そしてやっと



ときがきた



そう思って取り組んでいた最中に



起きたあの地震。



本当に色々、色々あったここ何週間・・・・・・・・



そんな中、決行を決めることが出来たのも本当にたくさんの方や場などのおかげです。



そして



やっぱり、今やるのはこれなのだと。



こうなるとは思ってなかったけれど。



これがなにになるのかなんて・・・・・・・・



わからないけれど。



やっぱり、はじまりのうた、なのだと。





今、ここからはじまる


<はじまりのうた>


大切に紡いでいきたいと思います。






それでも生まれいずるものが、


あるから。






いろいろなものが


生まれいずる場所から。





 4/3(日)
「万象連歌  vol.1」     〜 はじまりのうた〜

18:00開場  18:30開演

会場:いずるば(東急多摩川線沼部駅より徒歩5分。)

¥2000

構成・出演:青柳ひづる(踊り)、 山田有浩(重力の水面)(音・音響)





ぜひ。

: 万象連歌 : comments(0) : - : posted by ひづる :
万象連歌にむけて                 

これをやることに決めてから


とあるところで





それぞれの

踊るべき時、踊るべき場、というのがあると思うんです。
(「ある」というのか「くる」というのか)


それは舞台かもしれないし
たった一人で小さな自分の部屋の中かもしれないし
たった一人の誰かの為かもしれないし・・・・・・・
いろいろな場があると思うけれど


そういうときに踊っていってほしいな、と思います。


それはどんどんいろんな場で踊っていくことで
そういう<とき>がわかってきたりするから
どんどん踊ることも必要ではあるのだけれど
そうやって踊っていって、


そして
やっぱりそういう<とき>に踊っていってほしいな、と思います。





と。



私に向かって言った言葉ではないのだけれど
私に向かった言葉でした。




まさに私にとって今回の
「万象連歌」はそんな<とき>の場です。





そしてこの「万象連歌」は
そんな様々な<とき>
折々の<とき>



それは季節だけでなく
人が生きているその中での様々な折々・・・・・・・
自分の折々かもしれないし
誰かの折々かもしれないし
なにかの折々かもしれない



そんな折々の<とき>に
折々の<うた>が生まれいずるように
紡いでいけたら、と思っています。



第一章です。


はじまりのうた  


です。



ささやかではありますが

この場にお立会い頂けると有難いです。




4/3(日)
「万象連歌  vol.1」

18:00開場  18:30開演

会場:いずるば(東急多摩川線沼部駅より徒歩5分)

¥2000

構成・出演:青柳ひづる(踊り)、 山田有浩(重力の水面)(音・音響)



: 万象連歌 : comments(0) : - : posted by ひづる :
: 1/2 : >>