Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

舞と踊りの場(スケジュール)                 

〜近々の舞・踊り場〜

 

 

☆6/30 星のたね発表会

 

☆7/27〜28 ムービングアース公演

 

 

ワークショップ・クラスの詳細・予定はこちら→「ひとつぶの種・星のたね

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
10年。                 

先日、月の石(ムービングアースのボス、ケイさんが主宰する、

障がいのあるなしに関わらず共に表現活動しているグループ。

私も参加しています。)

のメンバーが9年前の写真を持ってきていて、一緒に懐かしく見ました。

 

9年・・・そうかぁ。。。

2009年に不思議な流れでケイさんに出会って、

なんだかいつの間にか公演の稽古に参加していて、

2010年2月がムービングアース初舞台でした。

つまりは、ムービングアースの活動に参加するようになってからは、

なんだかんだ、10年。

 

そして、たまたまケイさんが月の石のような活動もされていて、

私はそのころ、ちょうどそういうことにも縁が生まれていて、

興味を持ち始めた頃だったので、月の石の活動にも関わるようになりました。

 

 

思えばその前後辺りから、「出会い」そのものが大きく変わっているな、と思う。

まぁ、その少し前あたりが私の大きな大きな大転換期だったので、

自分が変われば、出会いも変わってくるのは当たり前かもしれませんが。。。。。

 

でもその辺りから今に繋がる出会いの数々は、より本質的なもの、というか、

自分の奥の方が求めていることに関わる出会いになってきている気がしています。

・・・と、感じるようになってくると、不思議とそれ以前に出会っていたもの、

もけっこう恵まれていたんじゃないかな・・・と思えてきて、

そうか、縁には恵まれているのかもな〜私。と思ったりしています。

 

 

・・・と、こういうことをかこうと思っていたわけではなかった。。。

 

今年はスロースタートだった踊り活動ですが、

春からだいぶ本格化してきました。

嬉しい。

 

 

6月末には私が主宰している子どもたちのクラス「星のたね」の発表会、

(詳細はこちらをご覧ください。→「ひとつの種・星のたね」)

7月末にはムービングアース公演があります。(詳細は後日)

 

今回のムービングアース公演は2パートに分かれていて、

その中に6人の少人数グループのパートがあり、

今リハーサル真っ最中なのですが、

・・・・・・もう・・・、ケイタケイさんが本領発揮すぎて、面白すぎます(笑)。

 

ケイさんに出会って10年経つのですけどね・・・

わかるどころか、ますます謎は深まるばかり(笑)。

まぁ、だから続けてしまうのかもしれませんね。

ムービングアースに入った頃は、3年はがんばって続けてみよう!

なんて思っていたのですが、

がんばって続けてきた、とかそういう感じというより

・・・?!・・?!!!!・・・??・・・?・・・!!!・・???!!!!・・

・・・で、気付けば10年。

そして未だに、・・・・・????????????????!!!(笑)

 

わからないことはおもしろいですね。

 

 

というわけで、今日も踊ってきます!

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
見る時間                 

ここ数か月、「見る時間」を過ごさせてもらっています。

結果的に、なのですが。

 

教えのお仕事、クローズドな踊り場、稽古、等々で、踊ってもいますが、

一つ舞台をパスして、次の公演までは少し期間があるので、

今は「見る時間」が多くあります。

 

「見ること」、好きなのです。

本番を見るのもいいのですが、

人の稽古を見ているのはもしかしたら本番見るよりも好きかも。。。

特に人と人とが稽古している様子を見ているのが好きなのです。

見ているときはあまり、ああだこうだ考えて見ていなくて、

どちらかというと、なんとな〜く見ている感じ。

なんで好きなのか、自分でもよくわかりません。

でも、楽しい。

 

これは小さい頃からで、幼稚園の発表会

(オリジナルのオペレッタをやりました。)

の練習のパート練で、自分の出番の練習ではないときも、

他の子は遊んでいる中、一人でほかの子の練習をずっと見ていたらしい。

覚えていないけれど。

 

趣味みたいなものなので、それがあったから、こうなった、とか

よくわかりませんが、でも今教えている子どもたちの練習の中でも

自然と「見ること」も取り入れていて、

子どもたちはその中で何かハッとすると、

理屈ではなく入ってくると、驚くほど変わります。

先日も小学生クラスの子どもたちに「静かにゆっくり踊る」

ということをやってもらったのですが、それを見て

未就学児クラスの子どもたちの中にすっと何かが入ってきたらしく、

一気にその場の集注力があがって、

子どもたちが踊ることで、とてもシンとした場になって、驚きました。

しかも、それ以降、クラスの受け方までも変わって。

言っても言っても変わらなかったことが、そういうことで

すっと変わったりするので、本当に不思議です。

 

そして、もう一つ、今の私の見る時間。

明日からの3日間、ムービングアーススタジオで、

ムービングアースのメンバーによる創作の会「習作展」があります。

私は今回はいろいろ考えた結果、出演しないことにしました。

この会は創作の原点に立ち返り、その芽を丁寧に見つめることをしていて、

発表ももちろん大事な場ですが、その過程もメンバー全員で、

丁寧に歩むべく、奮闘しているようなところがあります。

発表までの過程で何度かお互いに見合い、学び合う時間があります。

私は今回出演はしませんが、その過程には立ち会わせて頂いてきました。

つまり「見る」に専念させて頂きました。

「見る」に専念させてもらって感じたのは、やはり自分も出演者だと、

自分のこともあるので、ちゃんと見ていたつもりだったけど、

やはりここまで「見る」に専念は出来なかったな、と。

だからとても貴重な時間を過ごさせて頂きました。有難い。

ただ、この場に立ち会うからには、ただ趣味のように見る、のではなく、

なにを見て、そしてなにを言うのか(言わないのか)、を

出演しない代わりに自分の課題としたので、

いろいろいろいろ・・・学びの時間でした。

 

思うところもあるし、思われるところもあるだろうと思いつつ、

この期間を過ごさせてもらいました。また新たな経験になりました。

 

 

そんなムービングアース仲間たちの「習作展」は明日からです。

明日は雪になるかもしれないようですね。

お越しの方々、どうぞお気をつけて、暖かくしてお越しください。

 

詳細はこちらをご覧ください。→ケイタケイ's ムービングアース

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
成人を祝う会で音種♪                 

日曜日は特別支援学校の卒業生の成人を祝う会にて

音種♪コンサート、そしてその中で私も踊らせて頂いてきました。

 

私が長いこと関わらせて頂いている東京都区内の放課後等デイサービスに

きていたメンバーも通っていた特別支援学校の卒業生の成人のお祝いです。

メンバーのお母さまからご依頼を頂きました。

 

そこにいる皆が楽しめる場にしたい、ということで音楽を、

音種♪を、選んでくださいました。

 

親御さん、お子さんにとってもたった一度の大切な場です。

この場がみなさんにとっての「成人式」なのです。

その場に呼んでいただき、また、私も長く関わっていた子の

成人もお祝いすることが出来、とても嬉しく、感慨深かったです。

 

人がたくさんいる場所や、慣れない場所があまり好きでない子もいます。

彼女もその場に戸惑ったり怒ったりもしていたようなのですが、

「音楽が始まったら、身体を揺らして、やっと笑顔がみられました。」

とお母さまも終わった後に仰ってくださいました。

 

音種♪コンサートが始まると、じっくり聴く方、

座っていても身体がうずうず動き出している方、いろいろいらっしゃって、

音種♪メンバーもそれを感じ取って、その場にあった言葉や音楽を投げかけて、

その場を共につくってくれるので、本当に有難く思います。

様々な、多種多様な場での場数を踏んできている音種♪メンバー、

やっぱりすごいな。

「けっこうドキドキの場だったよ〜」と後で音種♪メンバーに言われましたが・・・

私としては、今回のメンバー構成ならなにも心配ないな、と。

信頼してました!

 

最後の曲では踊りだす子が続出で、私も客席で一緒に踊りました。

音楽っていいな。すごいな。

 

その場を共に楽しんでくださったみなさん、親御さん、先生方、

この会のご準備をされてきた実行委員のお母さま方、

そして、音種♪メンバー、本当にありがとうございました。

 

 

*今回の音種♪メンバーは

ヴォーカル: CHIKOさん

キーボード: すどーさん

パーカッション: 成松さん(音種♪代表)

と、私(ダンス)でした!

音種♪HPはこちら→音楽ボランティアネットワーク音種♪

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
2019年                 

本年もよろしくお願い致します。

 

今年も年明け、奉納舞からのスタートでした。

今年は1月1日、年明けてすぐの深夜から舞わせて頂きました。

自分の舞はあまり納得できるような舞ではなかったように思うのですが・・・

捧げる舞なので・・・気持ちは・・・

 

でも今年も舞から始めさせて頂くことができ、

とても有難く思います。

 

今年は、というのか、今年も、というのか・・・

自分にとって、とても重要な1年のような気がするので、

一つ一つ大切に舞い踊ります。

 

さて、そんなわけで、まずは1月20日は

私が関わらせて頂いている放課後ディの卒業生のお母さまからご依頼を頂き、

「特別支援学校の卒業生の成人を祝う会」での音種♪コンサート

私も踊らせて頂きます。

もう彼女も20歳なのか〜・・・ととても感慨深いですし、

みんなが楽しめる場を、ということで音楽!となり、

音種♪にご依頼くださったことも感慨深いです。

よい場になるよう。。。

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
: 1/56 : >>