Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

舞と踊りの場(スケジュール)                 

〜近々の舞・踊り場〜

 

 

☆7/1(日)星のたね発表会

 

 

☆7/7(土)カフェムリウイにてソロ公演

      詳細は→こちら。

 

 

☆7/29(日)大船渡にて奉納舞

 

 

 

ワークショップ・クラスの詳細・予定はこちら→「ひとつぶの種・星のたね

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
万象連歌 vol.4〜あいにゆく〜 終了しました。                 

無事、終了しました。

(本業じゃないのに)音響をやってくれた高橋香衣ちゃん、

ムリウイのたけしさん、受付をやってくれたムービングアース仲間、

当日になって頼んだのに来てくれた撮影の岩田さん、

お越しくださった(そして共に場をつくってくださった)みなさま、

どこかで絶対に見守っていて導いてくれていた方々、

関わってくださったすべてのものに感謝いたします。

ありがとうございました。

 

 

前回のソロから1年も経っていないし、

1週間前には子どもたちの発表会があったし、

いろいろなことにとても時間のかかる私が

このペースでできるのかしら・・・と思ったこともあったけど、

こういうのって、期間がどうの、ペースがどうの、とかじゃないんだな。。。

やるときはやるようになっているんだな、と思いました。

 

そして、いつもといえばいつもなのだけど、

でも、すご〜く助けられていました、なにか、に。

それをとても感じた公演になりました。

 

 

高橋香衣ちゃんには、子どもたちの発表会と

今回のソロと両方関わってもらって、どちらの稽古も見てくれていたのですが、

すごくさらりと不意打ちで本質をついてくることがあるので、

自分自身にごまかしがきかないというか、すごくよい稽古になりました。

ムリウイのたけしさんは、その在り方がなんとも心地よく、

共に場をつくっていく感がすごくあって、すごく楽しかったです。

・・・でも、そうやって具体的に共に場を作ってくださった方だけでなく、

そこにいてくださったすべての方が場を作ってくださった感じがとてもあって、

とてもいい空間で、とても有難かったです。

終わった後の余韻がとても気持ちよかった。

 

 

今回、ある一つの出来事をきっかけに踊ろうと決めて、

「あいにゆく」というタイトルがやってきて、

創作を始めた当初はその一つのものに向かっていく(あいにゆく)のだと

思っていたのですが、すすめてゆくうちに、そうではなくて、

そのむこうにあいにゆくような気がしてきて、

そして会うのも私ではなくて、私のむこう・・・?

それは踊りが、作品がそうなっていった、という感じでした。

それならば、願わくば、そのむこうとむこうは

延々と何度でも新しく出会い続けていってくれればいいな、と。

 

それが

 

あなたのむこうと、わたしのむこうが

豊かに出会うこと

出会い続けてゆくことを願って

 

という言葉になりました。

 

そして、実際に踊り終わってみると、

ああそうか、ここから私は

その一つの出来事や人に向けてやることのその先に向かうのだ、

ということをとても素直に受け取っていました。

 

 

 

 

 

この6月7月と各地でいろいろなことがあって、この公演の日だってそうで、

東京は雨こそ降らなかったけれど、終盤も終盤に大きくはなかったけれど

長めの地震が起きて。揺れる大地の上で踊っていて。

本当になにがおきるかわからない。

そんなときにこの片隅で踊っていることって何なのだろう。

 

 

でも、今回の踊るきっかけになったある方が、7年前に言っていたことが

今ならなぜか少し腑に落ちるのだ。

7年前はどんなにそうありたいと思ってもそうなれなかったことが。

 

 

結局そのことを教えられたのかもしれない。

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
発表会終了!そして・・・                 

藤野でやっているダンスクラス「星のたね

第3回発表会が無事、終わりました!!!

 

今年もその過程から、本番から、本番終了後に至るまで、

本当に本当にたくさんの学びと経験がありました。

 

感謝しかありません。

 

初舞台のプレクラスの子どもたちは

溢れるエネルギーと踊りたい気持ちを堂々と舞台で昇華していました。

 

続けてくれている小学生クラスの子どもたちは

本当にものすごく逞しくなりました。

成長の分だけ、私が要求することも今までより厳しくなったので、

今までとは違う緊張もあったのだろうな。

でも舞台に向かう集中力もぐんっとあがっていて、

真剣な顔つきになっているその感じにも、

また一つの成長過程を感じました。

 

そして、高尾の中高生チーム

忙しくなって、なかなか一緒に活動できることも少なくなってしまったけど、

今年もまた一緒に踊ってくれました!

彼女たちが子どもたちに伝えてくれていることがとてもたくさんあります。

 

彼女たちが小学生たちに伝えてくれ、

小学生たちがプレクラスの子たちに伝えてくれ、

・・・・・そうやって育っているものが確実にある。

そのことも大いに感じさせてくれた発表会でした。

 

 

そして、保護者ご家族の方々・・・

なんでこんなに根本の部分をわかってくださるのだろう・・・

それが有難くてたまりません。

これが当たり前ではないことはとてもよくわかっています。

だからこそ、こうしてこの地に縁を頂き、

このような場をもつことが出来ることは

奇跡のような、有難いことなのだと改めて感じています。

保護者の方々から、学ばせてもらっていることも本当にたくさんあります。

子どもとの関わり方、また、自分の子どもだけでなく、

ほかの子どもたちのことも、あたたかく、どの子も認めてくださる

そのまなざしに、私もたくさん助けられています。

 

本当にみんなが創っている場なんだな〜と改めて感じさせて頂きました。

 

そして衣装の田村香織さん、音響・打楽器の高橋香衣さん、

いつも本当にありがとうございます。

 

そして、たくさんのお客様

本当にありがとうございます。

終演後のみんなでの踊りにもたくさんの方が参加してくださり、

とても嬉しかったです!

素敵な踊りの場が生まれました!

 

 

このクラスに関わってくださるすべてすべてに

本当に感謝いたします。

 

これからも豊かなものが育まれる、豊かな場でありたいと思います。

 

(当日の様子などはまた後日「ひとつぶの種・星のたね」で

報告したいと思います。)

 

 

 

 

さて、私の部屋は今、昨日の葉っぱや枝や、布がそのままで

ちっとも片付いていませんが、とりあえず今はそれは気にしないことにして、

今週土曜日はソロです!

 

 

7月7日 (七夕!)

午後7:30開演(開場は30分前)

カフェムリウイ

2500円(1ドリンク込み)

 

 

詳細はこちら。

ぜひ。

 

 

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
今週末は「星のたね」発表会!                 

突然ですが葉っぱが好きです。

枝も好きです。

大きな公園で風で飛ばされた葉っぱつきの枝とかを見ると

あああ、ほしい〜と密かに思っています。

さすがに拾いませんが。

 

今日は風が強かったですね。

うちの近くの散歩道にも葉っぱがたくさん落ちていました。

 

そう、今日は拾いました!

今週末の「星のたね」発表会で葉っぱたち、登場します!

 

わああ〜いい葉っぱ〜!

とか思いながらワクワク葉っぱを拾う、30代・・・

楽しいです!

 

そんな大人と子どもたちが踊る舞台は

7/1(日)相模湖交流センターです!

詳細はこちら→ひとつぶの種・星のたね

 

子どもたちの舞台は自分の舞台以上にドキドキします。

本番はじまってしまえば子どもたちは絶対に堂々とやり切ると思うので、

心配してないのですが、その前までがとってもドキドキします。

とにかくみんなが元気に本番を迎えられますように!

 

 

 

そして、7/7(土)はソロ公演

こちらもなんとか、やることはやりました。

 

まずは今週は発表会に向けて!

そして、終わったらソロ公演の最終調整をがんばります。

 

どちらもぜひ!足をお運びいただけると嬉しいです。

 

ソロ公演の詳細は→こちら。

 ※カフェムリウイイベントページは→こちら。

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
ソロ公演                 

 

青柳ひづるソロダンス  万象連歌vol.4「あいにゆく」

〜あなたのむこうへ あいにゆく〜

 

2018年7月7日(土) 開演19:30(開場は30分前)

会場 カフェムリウイ (祖師谷大蔵駅北口より徒歩7分)

料金 2,500円(1ドリンク込み)

 

 

 

********************************************

 

 

2つあったものの1つの姿が見えなくなった、7月

姿の見えなくなったもののために踊った、3月

消えたものからの始まりを受け入れた、4月

そして再びの、7月

 

あなたにあいにゆく、と思っていた

けれどどうやらそうではないらしい

あなたのむこうと、わたしのむこうが

豊かに出会うこと、出会い続けてゆくことを願って

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
: 1/53 : >>