Wonderland
青柳ひづる〜舞と踊りと旅と〜

舞と踊りの場(スケジュール)                 

〜近々の舞・踊り場〜

 

 

☆ムービングアースアメリカツアー

1/25〜27  ニューヨーク公演

2/1〜3   サンフランシスコ公演

→終了しました。

 

 

☆3/25(日)

美学校にて

 

 

 

ワークショップ・クラスの詳細・予定はこちら→「ひとつぶの種・星のたね

 

 

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
サンフランシスコの癒し◆岨魁                 

サンフランシスコへ移動した翌日はこの旅唯一のoffでした。

 

ケイさんが師の一人でもあるアナ・ハルプリンさんに会いに行く、

というので、カンパニーメンバーの希望者数名で同行させて頂きました。

 

ゴールデンゲートブリッジを渡って

どんどん山の中へ。

あああ〜山だ〜木だ〜!!!

もうこれだけでだいぶテンションがあがりました。

 

家の前の2本のred wood

 

森に溶け込んだ森の家

 

素敵すぎる野外ステージ!

写っていないけど隣には素敵な森のスタジオも。

 

あああ、私がぼんやりと、夢見ていた

森のおうちと森のスタジオがここにありました!!!

これです、これ!まさにこういう場所。

作りたい!作りたい!作りたい!

作る!!!

 

 

 

そして、お会いしたアナ・ハルプリンさん、

すごかった・・・

 

もう100歳近いお歳で、しかも腰を悪くされ、

さらに肺炎で入院もされていたとのことで、

お会いするのは1時間まで、というお約束でした。

でもお会いしたアナさんはキラッキラしていました。

そしてそばにいるとなにかふわ〜っとじわ〜っと

私の中に何かが広がってくるような、

なにかに包まれるような・・・そんな感じで。

 

英語も全然わからないし、

踊りを見たわけでもない。

ワークを受けたわけでもない。

でもアナさんから何かが伝わってくる。

 

姿が伝えてくる・・・

存在そのものが伝えてくる・・・

そういう人、やっぱりいるんだなぁ。

 

そして、ということは、どれほどの人生を送ってきたのだろうか、とも。

アナさんと話しているとケイさんが子どものようにかわいらしく見え、

ケイさんが子どもなら、私なんて本当にひよっこだな。。。。。

 

でも、同時にそのことがとても嬉しくも思ったし、

そのことを受け止めればいいのだ、とも思えました。

 

ひよっこはひよっこの今をまずはちゃんと生きて、

今の踊りをまずは懸命に踊るしかないよな、と。

そして、やっぱり長く踊りたいなぁ、

長く踊ったその先を私もみたいなぁ、と。

私の身の丈からの景色でも。

 

 

直接自分のこととかお話ししたわけでは全然なかったけれど、

この出会いは自分のこれから、を一瞬照らし出されたような、

でもそれはある意味では大きな問いかけのような、

なんだか不思議な体験でした。

 

そうなんだよな・・・こうして出会うべき時に

出会うべき人に出会うようになっているのだ。

 

そして、出会いというのは、それぞれにまた、

その人に連なる人同士、またその陰の者たち・・・

とも出会っているのだ、ということを

感じました。

 

踊りってやっぱり繋げていくものなのか。。。。。

 

 

時間にしたらほんのわずかの時間でしたが、

サンフランシスコに来たのはこの為だったのか、というくらい

私には大きな出来事になりました。

 

「星のたね」とか、自分の今取り組んでいること、

まずはしっかりやっていこう。

 

結局、そういうことなんだな。。。。。

 

 

: : comments(0) : - : posted by ひづる :
サンフランシスコの癒し 然ぁ                 

サンフランシスコへ移動!

国内とはいえ、端から端・・・遠い・・・アメリカ、広い・・・

 

ああ、海がある〜山がある〜!!!

というところで、まず歓喜。

 

ニューヨークはあまりどこにも行けなかったのもありますが、

都会!建物!地下鉄!・・・という感じで、

私的にはだんだんと海山成分が足りなくなってきて、

ちょっとしんどくなりつつあったのです(笑)。

 

カルフォルニア!という感じの風景。

 

このベイブリッジ付近の海にはずいぶんとお世話になりました(笑)。

サンフランシスコ滞在中は、ほぼ毎朝この海辺に通い、

朝日を拝みながらブルーボトルコーヒーを飲む!

そしてしばらくぼけ〜っと海を眺める!

それが日課でした。

この時間に本当に癒されておりました。

こういう時間、大切!!!

 

ベイブリッジと朝日!

 

最終公演の日はどうしても日の出から見たくて、

朝6:15に宿を出て、海へ!

日の出パワー、すごかったです。

 

思わず朝日を浴びながら踊っちゃいました。

 

 

サンフランシスコはこの朝の浄化によって

踊りきれたような気さえします。

ありがとう!海!朝日!

 

写真撮られ慣れているカモメさん。

 

 

 

: : comments(0) : - : posted by ひづる :
ニューヨークの日々                 

出発日

関東、雪予報・・・・・

予報通り、雪が刻々と強まってきましたが、

フライト時間も少し早まり、無事、出国!

(その後、関東大雪だったようですね・・・)

が、乗り継ぎのミネアポリスもsnow storm!!

その日にニューヨークに飛ぶ便はすべてフライトキャンセルとなり、

ミネアポリスに一泊することに。

翌日は気持ちよく晴れ(寒かったけど)

1日遅れてニューヨークへ無事、到着。

寒波が心配されていましたが、

思ったより寒くなかったです。

 

会場の「New York Live arts」

有難いことに連日、sold out!

 

でも、実は途中で仲間の一人がインフルエンザになってしまい、

2日目、3日目は1人欠けてのパフォーマンスでした。

 

彼女は私とのデュオのシーンでのパートナーでもあり、

ニューヨークは彼女にとって特別な思いのある場所でもあり、

彼女のこの公演にかける様々な思いもいろいろ聞いていたので、

もう本当に言葉にならない様々なものが駆け巡りました・・・

 

そんな状況にぐわんぐわんしながらも、

それでも、それに伴って、やるべきことは多々あり、

 

そんな状況は図らずも、カンパニーメンバーにも

もたらしたものは大きく、私にとっても、カンパニーにとっても、

なにか大事な部分に気付かされるような出来事でした。

 

この出来事が伝えてきてくれたものが確実にあった、そう感じます。

 

きっと必要な出来事だった・・・本当にそうも思っているのですが、

 

そう思っても・・・

ああ、でもやっぱり本当は一緒に踊りたかったし、

一番踊りたかったのは本人だと思うと、

本当になんともいえない気持ちです。

 

でも、2日目も3日目も彼女と一緒に踊った!

そう思っています。

 

ニューヨークはあまり余裕なく、

劇場以外、ほとんどどこへも行けなかったのですが、

劇場入り前にちょっとだけ寄れたユニオンスクエア

ファーマーズマーケットやっていました。

ユニオンスクエアのリス。カメラ目線。

 

 

出発前、東京のスタジオにNew York Timesの取材が入りました。

その時の稽古風景、公演案内がNew York timesに載りました!!!

写真、私も写ってる!(一番前の三つ編みで紫の人)

・・・けど顔見えません!反りすぎ!(笑)。

 

こちらで記事も見られます。↓

https://www.nytimes.com/2018/01/23/arts/dance/kei-takei-lumberyard-festival.html

 

 

ニューヨーク公演は大変なこともあったけれど、

人ととして、踊り手として、グループとして、踊るということ、・・・

ものすごく多くの学びがありました。

貴重な経験に感謝です。

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
帰国しました!                 

有難いことに大盛況のうちにアメリカ公演終了、

先日、無事、帰国しました!

 

行く前から、道中から、行ってから、・・・・・・・

本当にいろいろなことがありました。

今までの5年間の津々浦々、ツアーの日々で

だいぶ鍛えられていたと思っていましたが、

やはり海外はいろいろな意味で、規模が違いますね(笑)。

 

それでも、振り返ってみると、本当にそれらの様々な経験は

とても貴重な体験で、全部ひっくるめて、

楽しかったな〜、いい経験させて頂いたな〜と本当に思えて、

そう思えるようになったことも、自分で言うのもなんですが、

また逞しくなったというか・・・また鍛えられたな〜というか(笑)

 

行く前にあまりにもいろいろな面でつっかかりが多かったので、

これはあんまり行く流れじゃないのかもしれないな・・・

それならそれで仕方ないな・・・

とか実は思っていたこともあったのですが、

いろいろなことが際際のところで通っていくという・・・

終わってみると、なるほど、そういうところが用意されてたのね、

という感じでした。

 

 

2週間はとっても長く、そしてあっという間でした。

毎日いろいろなことがありすぎて、全部はとても記しきれないので、

少しずつ、さらっと報告していきたいと思います(笑)。

 

 

公演の報告などはこちらでご覧ください。

ケイタケイ’sムービングアース・オリエントスフィア

 

 

 

: おどりのこと。 : comments(0) : - : posted by ひづる :
: 1/100 : >>